【74】【保存版】はらぺこあおむし他”名匠エリック・カール”氏の作品集

英語の絵本

こんにちは。ぽんです。

訪問ありがとうございます。

おうち英語を楽しく、楽に、低予算で行うことを目的に役立つ情報を発信していきます。

今回のテーマは「名匠エリック・カール氏の作品集」です。



はじめに

先日、衝撃的なニュースが耳に飛び込んできました。

そうです。

はらぺこあおむし」でおなじみのエリック・カールさんが亡くなられたとの報道です。

原因は不明とのことですが、91歳という長寿を全うされました。

2021年5月23日に自身のスタジオでご家族に見守られながら

息を引き取ったようです。

はらぺこあおむし」はお子さんはもちろんのこと、

幅広い世代の男女から愛されている名作絵本です。

あの独特の色づかいと幻想的な雰囲気、画期的な穴の開いた絵本は

一度見ただけで引き込まれることでしょう。

彼が生涯に残してくれた作品は約40以上にも上ります。

今回はその名匠エリック・カールさんの訃報を受けて

彼が世界に遺した名作の一部を振り返りたいと思います。

はらべこあおむし

まずはこの作品を語らずして、彼の偉業は語りきれないでしょう。

ちっぽけだったあおむしが、たくさんの食べ物を通して

大きく成長していく作品です。

独特な仕掛け絵本や目に鮮やかな色使いの本作は

見る人をすべて魅了していたことでしょう。

この本を通らずして、絵本の世界はないと言っても過言ではないでしょう。

いまではこの本を持たない図書館や保育施設はないほどだと思っています。

世界中から愛される彼の名作の中のひとつです。



くまさん くまさん なに見ているの?

この作品は彼のデビュー作となった作品です。

1967年がデビューの年になりました。

今後の彼の作品のルーツとなった作品ということもあり、

いまの作画に通じるものがありますね。

色とりどりの動物たちがページの中で待っており

ページをめくるたびに、わくわくが止まりません。

初めて動物を絵本で見たのは、この作品だったという方も

多いのではないでしょうか。

パパ、お月さまとって!

この作品は世界観が素晴らしいです。

月や宇宙が非常に身近に感じられ、

一気に絵本の世界に引き込まれていきます。

一度読むと忘れらないストーリーや

幻想的に描かれた月や風景は、幼い頃に見ても

大人になっても焦ることはないでしょう。

彼の独特のタッチがさらに世界観を深めてくれるので

読んでいる大人も考えさせられる深みがたまりません。

子供想像力を無限に掻き立ててくれるそんな魔法のような作品です。



できるかな?〜あたまから爪先まで

色とりどりな動物たちが画面一杯に迎えてくれる楽しい絵本です。

動物の動きに合わせて、お子さんも一緒に真似して遊べる

体遊びにも使うことができる絵本です。

エリックさんの独特のイラストのタッチが動物たちの良さを

引き出していて、まるで動物園にでもいるような感覚を感じてしまうほどです。

体を動かすことが大好きなお子さんには

お気に入りの一冊になるのではないでしょうか。

 巨人に気をつけろ!

くもさん おへんじ どうしたの

はらぺこあおむしと並ぶ虫シリーズのひとつです。



だんまり こおろぎ

こちらもはらぺこあおむしと並ぶ虫シリーズのひとつです。

うまれたばかりのこおろぎくん。

みんなに挨拶されますが、羽を擦っても何も音が出ません。

何度も何度も挑戦してみても何にも起きません。

こおろぎくんは、音を鳴らすことができるのでしょうか?

お子さんが成長するときに感じるはがゆさを

表現しているような作品で引き込まれています。

きっと子供はもっとこうしたい!ああしたい!と思っていても

うまくできずに歯痒い思いをしているのだなと個人の感想として感じました。

その感情をこおろぎの成長を通じて

客観的に感じることができる作品なのではないでしょうか。

素敵なラストにきっと笑顔が溢れるでしょう。

さびしがりやの ほたる

こちらもはらぺこあおむしと並ぶ虫シリーズのひとつです。

パッチン!とんでコメツキくん

こちらもはらぺこあおむしと並ぶ虫シリーズのひとつです。

公式ホームページ

もっと作品の情報を知りたい!ということでしたら

公式ホームページからも確認ができますので、ぜひ覗いて見てくださいね!

絵本の他にも、エリック・カールさんの絵本や世界観を

モチーフにしたグッズがたくさん販売されています。

お子さんへのプレゼント、出産祝いや誕生日など非常に喜ばれるものばかりです。

私も我が子の出産祝いにはらぺこあおむしの絵本とぬいぐるみセットを

いただいたのをよく覚えています。

毎日絵本を読んで、毎日一緒に過ごしていたからこそ

今回のニュースはとても悲しい気持ちになりましたが

彼は私たちに素敵すぎる贈り物を残してくれたので

これからも絵本や様々な形で語り継いでいきたいと思います。

www.theworldofericcarle.jp



さいごに

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

たくさんの素敵な作品をありがとうございました。

しかし、絵本ひとつひとつに込められたメッセージや

ストーリーは唯一無二でかけがえのないものです。

エリックさんの素敵な作品は、未来永劫たくさんの子どもや大人たちに愛されていくでしょう。

彼が遺してくれた最高の作品たちをこれからも愛していきたいですね。

I am mourning you from Japan.

Thank you for giving us a lot of special books.

これからもたくさんおうち英語に役立つ情報を発信していきますので

どうぞよろしくお願いします。

それではまた別の記事でお会いしましょう!





コメント

タイトルとURLをコピーしました