【78】スリーコインズ(3COINS)でおうち英語!オススメグッズ紹介★

おもちゃ

f:id:omuzig:20210603091943p:plain

こんにちは!ぽんです。

いつも訪問ありがとうございます。

おうち英語に関する役立つ情報をたくさん発信しています。

今回のテーマは「スリーコインズでおうち英語」です。



スリーコインズはおうち英語の強い味方!

スリーコインズは、ショッピングモールや駅など様々なところで見かけることも多いでしょう。

テレビや雑誌など多方面でのメディアでも数多く取り上げられています。

実用性が高く、デザイン性もあるので我が家はヘビーユーザーとなっています。

(食器用洗剤のディスペンサーやシャンプーなどの容器、

ボールプールやベビー用スタイなどなど・・・)

かわいいグッズがたくさん売っているスリーコインズは

ウィンドウショッピングでもつい買ってしまうことも多いでしょう。

今回はワンコインでできるおうち英語グッズをご紹介します。

アルファベットパズル

今回ご紹介すのはこちらです。

f:id:omuzig:20210603094719j:image

アルファベットのパズルです。

価格はスリーコインズですが500円(税抜)でした。

しかし侮ることなかれ!

某大型ベビーグッズ店では、同様の商品でも1,000円を超える価格でした。

つまり、とってもお得と言うことです!

オススメポイントは価格だけではありません。

クオリティもなかなかにいいかんじなのです。

f:id:omuzig:20210603094811j:image

f:id:omuzig:20210603094824j:image

アルファベットは26文字あるのですが、

そのひとつひとつの作りが結構しっかりしているのです。

f:id:omuzig:20210603094832j:image

手に取ってみても木のぬくもりが感じられるほど。

角の処理もしっかりしているので、こどもが思わず

手をすりむいたり、木のささくれで怪我をすることもなさそうです。



f:id:omuzig:20210603094851j:image

アルファベットに触れる機会を増やせそうだったので

旦那も即答で購入にいたりました。

子供の反応は?

気持ちがいいくらいに、いい反応でした。

購入時はビニールのシートで覆われていたのですが

そのシートを外している間ですら、「はやくはやく」と急かされました。

お店で手に取った瞬間でも「近くで見たい!」と目を輝かせていました。

買い物中でも肌身離さず、じっと見つめていました。

まだ1歳と少しなのですが、自分でばーっとパズルを散らばしたり

なんとかがんばってパズルをはめようとする姿が見られて購入して良かったと感じています。

色味も非常に素敵で私自身が一目惚れでした。

赤ちゃんグッズはビビットカラーでカラフルなものが多いのですが

モノトーン好きにはたまらない配色です。

子供の視覚としてははっきりした色使いの方が認識しやすいのは認知していますが

こうした淡い色も脳には良い刺激だと思います。

木の色味とも合っていて、とても調和が取れたアイテムだと思います。

おもちゃ棚に置いているだけなのですが、

毎日自然に遊んでくれているので本当に気に入ってくれているのだなと感じています。

対象年齢は3歳からですが、問題はなさそうでした。

(もちろん、誤飲等は当たり前に気をつけないといけないですけどね)



我が家での使い方

我が家ではまずはパズルというよりも。アルファベットに触れるという点からはじめています。

ABC SONGが娘のお気に入りの曲なのですが

歌いながら「これがA」「これがB」と伝えながらパズルとしてはめています。

(十中八九、娘がパズルを毎回ぶちまけるので笑)

そしてときにアルファベットが紛失することもあるので

「Where’s C?」と聞いて一緒に探したりします。

「I found C!」と喜ぶと娘もいいリアクションをしてくれます。

まだまだ”パズル”を認識していないと思われるので

私がパズルをはめていく様子をジッと見ることが多いのですが

それでもおうち英語にぴったりな素敵な商品だと思いました。

将来的には、パズルとして楽しんで

「Aからはじまる言葉は?」とかクイズを交えて遊んでいきたいですね。



最後に

今回はスリーコインズでできるおうち英語アイテムのご紹介でした。

スリーコインズは毎週新商品が出ているようなので

この商品がずっと店舗にある確約はないそうです。

また店舗によっても取り扱い商品が異なるようなので

見つけたときは迷わずゲットしていきましょう!

毎日の生活のちょっとしたところに、英語に触れられる環境があると

英語がお子さんにとって身近なものになると思います。

がんばりすぎず、楽しみながら一緒におうち英語を続けていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございます^^





コメント

タイトルとURLをコピーしました