【90】はらぺこあおむし作者エリック・カールさんの心温まる音読を聴こう!(和訳付き)

動画

f:id:omuzig:20210614150933p:plain

こんにちは!ぽんです!

いつも訪問ありがとうございます。

本ブログではおうち英語に役立つ情報を発信しています。

私自身娘と日々おうち英語を楽しみながら、悩みと発見をしています。

その模様もお伝えしていますので、一緒におうち英語を楽しんでいきましょう!

今回のテーマは「エリック・カールさんの貴重な朗読映像」です。



エリック・カールさんって?

エリック・カールさんは、絵本「はらぺこあおむし」の著者です。

みなさんも一度はこのあおむしのイラストを見たことがあるのではないでしょうか。

ちっぽけだったあおむしがたくさんの食べ物を通して成長していく姿は

まるでお子さんの成長して行く姿と重なるところもあるでしょう。

エリック・カールさんは「はらぺこあおむし」以外にも

数多くの作品を生み出しています。



数多くの作品が世界中に愛されたエリックさんですが

惜しくも2021年5月に逝去されました。

今回はそんなエリックさんが自作の「はらぺこあおむし」を朗読する

貴重な映像を発見いたしましたので、ぜひご覧ください!

まるで親戚のおじいさんに朗読してもらっているような

暖かく優しさ溢れる朗読は大人でも心に染みます。

たまにはママやパパも絵本朗読をお休みして

エリックさんの声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

貴重映像

www.youtube.com

約2分ほどの短い動画です。

自身で作成された「はらぺこあおむし」をゆっくりと朗読されています。

英語文

In a light of the moon, the little egg lay on a leaf.

What in Sunday morning

The warm Sun came up and POP out the egg came from a tiny and Very Hungry Caterpillar.

He started to look for some food.

On Monday, he ate through one apple. But he was still hungry.

On Tuesday, he ate through two pears. But he was still hungry.

On Wednesday, he ate through three plums. But he was still hungry.

On Thursday, he ate through four strawberries. But he was still hungry.

On Friday, he ate through five oranges. But he was still hungry.

On Saturday, he ate through one piece of chocolate cake, one ice cream corn,

one pickles, one slice of swiss-cheez, one slice of salami, one lolipop,

one piece of cherry pie, one sausage, one cup cake and one slice of watermelon.

The night he had a stomachache.

The next day was Sunday again.

The Caterpillar ate through one nice green leaf and after that he felt much better.

Now he wasn’t a hungry caterpillar anymore.

And he wasn’t a little caterpillar anymore.

He was a big fat caterpillar.

He built a small house called a cocoon around himself.

He stayed inside more than two weeks.

Then he nibbled a hole in the cocoon pushed his way out and

He was a beautiful butterfly.



日本語訳

葉っぱの上にある小さな卵がお月様の明かりに照らされています。

なんて素敵な日曜日でしょう。

暖かい太陽が登って、ぽん!と音がして卵から小さなあおむしが生まれました。

あおむしはさっそく食べるものを探しにいきました。

月曜日、あおむしはりんごをひとつ食べました。でもまだまだお腹はぺこぺこ。

火曜日、あおむしはなしをふたつ食べました。でもまだまだお腹はぺこぺこ。

水曜日、あおむしはすももをみっつ食べました。でもまだまだお腹はぺこぺこ。

木曜日、あおむしはいちごをよっつ食べました。でもまだまだお腹はぺこぺこ。

金曜日、あおむしはオレンジをいつつ食べました。でもまだまだお腹はぺこぺこ。

土曜日、あおむしはチョコレートレーキとアイスクリームとピクルスとスイスチーズと

サラミとキャンディとさくらんぼパイとソーセージとカップケーキをスイカを食べました。

その晩あおむしはお腹が痛くなりました。

次の日はまた日曜日。あおむしは緑色のおいしい葉っぱを食べました。

するとお腹の具合もすっかりよくなりました。

もうあおむしははらぺこじゃなくなりました。

そして、ちっぽけなあおむしでもなくなりました。

あおむしは、大きくてふとっちょになったのです。

あおむしは自分の周りに”さなぎ”と呼ばれる殻を作って2週間以上も眠りました。

しばらくして、あおむしはそのさなぎの殻を破って出てきました。

あおむしは立派な蝶々になったのです。



最後に

今回は「はらぺこあおむし」の作者であるエリック・カールさんの

肉声が楽しめる貴重な朗読映像についてご紹介しました。

やはり作者ならではの想いが込められているので

一塩ならぬ魅力を感じることでしょう。

エリックさんの素敵な英語も同時に楽しむことができますので

お子さんのリスニングの練習にもなると思います。

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました