【103】日本語どこ行った?娘の英語成長記録(1歳2か月)

成長記録

こんにちは!ぽんです。

いつも訪問ありがとうございます。

Mommy’s backではみなさんのおうち英語がもっと充実するような

お役立ち情報をたくさん発信していきます。

今回は番外編ということで、娘の英語成長記録です。



おうち英語をはじめた時期

我が家がおうち英語をはじめたのは、娘が7〜8ヶ月頃でした。

離乳食も進み、夜の授乳も落ち着き、まとめて寝てくれるようになったので

私自身にすこしだけ余裕が生まれたので、始めることにしました。

とは言っても、まだまだ手が掛かる赤ちゃん。

出産から駆け抜けるように過ごした日々を思えば、自分の時間が欲しいのが正直な感想です。

ただ、娘の1日は決して戻ることできません。

私の1日と娘の1日の重さというか価値というかそういったものは

なんとなく違う気がしていたので、とりあえず始めようと思い色々と模索しながら始めました。

おうちでの英語環境(1歳2ヶ月)

特にこれまでと変えたことはありませんでした。

英語の絵本と英語の歌、英語での語りかけは、毎日実践することができました。

ただ、保育園ではオールジャパニーズなので、やはり日本語の方が

絵本では反応がいいのは確かです。

でも、英語の絵本にもお気に入りができた気がします。

Good Night gorillaはとりわけ好きなのようで毎日読み聞かせています。

英語が好きと言うよりも、ストーリーやイラストが好きなイメージです。

「これ読んで」と手渡してくれる絵本に英語のものがあると、嬉しくはなりますね。

はじめての言葉は?

1歳2か月。

まだまだ言葉は宇宙語です。(笑)

変わらず「d」の発音が好きなのか

「ダダダダダダ」と同じ言葉を繰り返し言うようになりました。

その中で「ダディー」と聞き取れる言葉が増えてきました。

ただ、本人は「ダディー=お父さん」という認識はなさそうで

言いやすい言葉を言っている気がします。

それでも、「ダディー」と言ったときに旦那がしっかり反応を示してくれるので

娘もその反応を楽しんでいるように見えます。

「m」の発音も出てきて、「マンマ」や「マミー」と聞き取れる言葉も

よく耳にするようになりました。

まだまだ言葉については、これからのようですね。

それでも、少なくともいま彼女が話しているのは日本語ではなく

英語に近いものにはなるでしょう。

早く意思疏通を取れるようになりたいなぁ!

最後に

今回は番外編ということで、普段の姿をなんとなく書いてました。

1歳の始めは、まだまだインプットの時期。

どんどんと英語のシャワーを浴びてもらって、将来に生かしてもらえればな、と。

まずは親の私もモチベーションもほどよく保てるように、

適宜息抜きをしながらやっていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました