【121】楽しく数字を覚えられる歌★「10人のインディアン(Ten Little Indians)」(英歌詞・和訳付き)

英語の歌

いつも訪問ありがとうございます。

本ブログではみなさんのおうち英語をより快適にするためのヒントをたくさん発信しています。

私自身子供の成長と共におうち英語をやっていくなかで生まれた疑問を解決していくすべもご紹介しています。

ぜひ最後までお楽しみくださいね!

今回ご紹介するのは「10人のインディアン(Ten Little Indians)」です。



「10人のインディアン(Ten Little Indians)」

 

今回は数字を楽しく覚えられる「10人のインディアン(Ten Little Indians)」をご紹介します。

小さな子供のインディアンが10人も次から次へと登場する愉快な歌です。

歌の構成は非常にシンプル。

歌詞も易し目でわかりやすいのが特徴です。

英語があまり得意でないと感じる親御さんでも楽しく歌うことができます。

インディアンと言えば、「インドに行くぞ!」とやる気満々のコロンブス

なぜかアメリカ大陸に到着して、現地の人々を見て「インド人だ!(インディアンだ!)」と勘違いで言ったことがはじまりだとか。

 

ちなみに巷ではコロンブスアメリカ大陸に初めて到達した人物だと言われていますが

実は諸説あり、他の方だという説も有力だそうです。

 

そんな歴史を知るきっかけにもなる「10人のインディアン(Ten Little Indians)」はアメリカが発祥の童謡です。

楽しく数字を覚えながら、海外の歴史にも思いを寄せてみるのもよいかもしれませんね。



英語の歌詞

One little, two little, three little Indians
Four little, five little, six little Indians
Seven little, eight little, nine little Indians
Ten little Indian boys.

歌詞の和訳

インディアンの子供がひとり、ふたり、さんにん、

よにん、ごにん、ろくにん、

ななにん、はちにん、きゅうにん、そしてじゅうにん!

我が家での歌い方

我が家では両手を使って歌っています。

 

歌詞に合わせて「ひとり、ふたり・・・」と指を立てて行きます。

その指の動く様が面白いのか、指を触ろうとしたり、

自分でも指を動かそうとする素振りを見せてくれます。

 

その他手を叩いてリズム良く歌ったり、子供の指をちょんちょんと触りながら歌ったりしています。

 

親御さんが歌いやすいやり方がお子さんも楽しいと思いますので、ぜひ楽しみながら歌ってみてくださいね。

参考動画

www.youtube.com

参考になる動画ありましたので共有させていただきます。

楽しい様子のインディアンたちが出迎えてくれます。

歌詞もわかりやすいので、お子さんと何回も一緒に歌って覚えちゃいましょう!



最後に

今回は「10人のインディアン(Ten Little Indians)」をご紹介しました。

 

英語ではじめて触れる数字はおそらく1〜10が多いと思います。

その数字をストレートに覚えられる素敵な歌です。

ぜひ歌ってみて、お子さんと一緒に英語の数字に触れて行きましょう。

 

現在は楽しいアメリカ童謡として広くアメリカでも歌われていますが、実は忘れてはいけない過去もあります。

詳細はWikipediaに掲載されておりますので、ご興味がある方はご覧いただきたいのですが

元々の歌は10人のインディアンが事故等でひとりずつどこかへ行ってしまう話となっています。

その後、歴史的な動きもあり、現在のような歌として広がりました。

ときに英語に歌には歴史を知るきっかけとなります。

大きくなったとき、こうした背景を知っているだけでも歌に対する姿勢は変わってくると思います。

おうち英語の過ごし方のひとつとして捉えていただければと思います。

ja.wikipedia.org

最後までお読みいただきありがとうございます。

参考になれば幸いです。

本ブログはみなさまのおうち英語を全力で応援しています。

今後も役に立つ情報をお届けして行きますので、どうぞお付き合いいただければと思います。

10人のインディアン

10人のインディアン

  • 株式会社スーパーキッズ Amazon



コメント

タイトルとURLをコピーしました